大人ニキビの原因・対策について

大人ニキビの原因・対策について

 

大人ニキビの原因・対策について!ニキビと言いますと、思春期にできるニキビだけをイメージしがちですが、ニキビは思春期とは違う原因で、大人になってからもできてしまうものなのです。そこでここでは、大人ニキビの原因・対策について、お話していきたいと思います。

 

大人ニキビは名前の通り、成人する前後から口やアゴの周りにできたり、女性ですと生理前にできやすくなると言われています。いずれの原因でも、ポツポツニキビが繰り返しできるようになり、治りが遅く乾燥してカサついてしまう等の特徴があります。主な原因は古い原因は古い角質の蓄積や肌の乾燥と言われており、肌の代謝が悪くなることによりターンオーバーが遅くなり、古い角質により毛穴がふさがれてしまうのです。ターンオーバーの低下は肌の乾燥を招き、毛穴を小さく厚く硬くして、大人ニキビを更に頑迷に治りにくくしてしまいます。そしてふさがった毛穴にアクネ菌が繁殖して炎症を起こした起こした結果、大人ニキビになるのです。

 

ターンオーバーの低下や肌の乾燥は、現代人に共通するストレスや睡眠不足等の生活習慣の乱れが、根本的な原因であると言われています。これらの原因によってホルモンの乱れが生じ、女性ホルモン・エストロゲンが本来は肌を保つ働きをし、プロゲステロンを皮脂の分泌の促進をするはずのところを、正常に作用しなくなってしまうのです。また食生活でも外食やインスタント・レトルト・コンビニ弁当等で済ませるような、偏った食生活による栄養バランスの乱れも、間接的には大人ニキビの原因となります。これには、ジャンクフードやお菓子・スナック等の食べ過ぎや暴飲暴食、夜間の飲食等も含まれます。

 

ニキビの予防に有効な栄養素は、ビタミンやミネラルですので、野菜や果物・魚介類・海藻類に属する食品を、過剰摂取にならないようバランスよく食べることが大切です。生活習慣全般の見直しも必要ですが、食生活が改善されればターンオーバーの正常化・毛穴の詰まり防止・ニキビ菌の殺菌効果等にもつながります。動物性脂肪の摂りすぎを抑制し、食物繊維の摂取に努めましょう。

 

また大人ニキビになる他の原因としては、メイクをキレイに落としていないことや、刺激の強い成分を含む洗顔料でゴシゴシ洗顔をして、肌に必要な皮脂まで摂ってしまうこともあげられます。洗顔料は低刺激で無添加の肌に優しいもので、よく泡立ててから優しく洗うことが大切です。洗顔後はぬるま湯で10回〜20回程濯ぎ、洗顔後に水分を拭き取る際にも、タオルを顔に軽くあてるようにして拭き取るようにしましょう。タバコの吸い過ぎによる血行不良や過度なダイエット、冷え性等も大人ニキビの原因となりますので、規則正しく健康的な生活習慣を、身につけるようにしてください。

 
page top