sonokoホワイトニングジェルの口コミ・効果を調べました!

sonoko ホワイトニングジェル!あの美白の女王鈴木その子ブランド!

 

美白効果が高いオールインワンジェル化粧品としてネットで話題のアイテム「sonoko ホワイトニングジェル」!

sonoko ホワイトニングジェル

 

公式販売ページはこちら!

※sonoko ホワイトニングジェルは公式サイトからしか購入できません!

オールインワンジェル化粧品ってどういうものなの?その効果期待値は?

 

最近よく聞くようになったオールインワンジェル化粧品ですが、この化粧品にはどんな特徴があり、また効果の程はどうなのでしょうか。新製品も続々と発売され、人気の高い化粧品も多い中で、改めてそれらのことを確認することも大切なのではないかと思います。そこでここでは、主にオールインワンジェル化粧品の効果について、お話していきたいと思います。

オールインワンジェル化粧品のメリット

近年の化粧品には、皆肌にいいものを使われることが多くなっていますので、確かに高い効果は得られるのですが、使いすぎますと、肌の防衛機能・保湿機能・自己再生機能等、健康な肌を維持するための機能が弱まってしまう可能性も出てくると言われています。それに対して、オールインワンジェル化粧品は1つの化粧品に複数の機能を持たせているため、各々の効果を最低限に留めているので、これ1つだけで肌が本来持つ機能が高まることが期待出来るというメリットがあるのです。
オールインワンジェル化粧品は、1つだけで化粧水・乳液・化粧下地等の機能をカバー出来ることが、何と言っても大きな特徴です。美容液やパックの機能等、7種類以上の機能を兼ね備えたものもあります。そのことによってスキンケアの時間が大幅に短縮され、肌に余計な摩擦を加えないため、肌を傷つけないというメリットも生まれます。それぞれ高い機能を持ち強い成分を重ねてつけることによる、肌への負担が減ることは何より大切なことではないでしょうか。

オールインワンジェル化粧品の注意点について

オールインワンジェル化粧品は、それぞれ配合されている成分が少しづつ違うため、美白効果の高いものや保湿効果の高いもの等、効果の出方が違うものが存在します。勿論自分の肌質に合ったものを選べば、高い効果をあげることも出来るわけですが、一方で化粧水や乳液等の単体の化粧品には及ばないこともあります。オールインワン化粧品が色々な機能を合わせ持つものであることを考えますと、これは致し方ないことかもしれません。
例えば化粧下地効果を持ったものである場合、もしそれを夜つけたまま寝てしまうと肌にとってはマイナスになりますし、夜も使えるものである場合は、ファンデーション崩れを起こしてしまう可能性があります。特に敏感肌の人は肌質の弱い人は、気をつけて化粧品を選びませんと重大な肌を起こしかねません。オールインワンジェル化粧品は多機能化粧品であるゆえに、トラブルになるリスクもあることは承知しておく必要があります。

 

ただし、私も実際に使っているsonoko ホワイトニングジェルはその心配は限りなく低いです!その理由は、厚生労働省から有効成分に認定されているトラネキサム酸とグリチルレチン酸ステアリルを主成分として、肌に刺激がある可能性があるものは無添加としています。なので安心して使用することが可能です!

 

定期コースだけど縛りは一切ないですよ!安心して試してみてください!

sonoko ホワイトニングジェル 申し込み

 

オールインワンジェル化粧品はそれぞれの機能を最小限に留めていることで、自立した肌になる可能性が高くなることも考えられ、本来は面倒なスキンケアが1つの化粧品で済み時間も大幅に短縮出来ることは、大きな魅力と言えます。幾つも買わなければならないものを1つ買えば良いのですから、費用の節約にもなります。オールインワンジェル化粧品にはシミに効果のあるもの、日焼け止めや化粧下地効果のあるものの他に、近年は様々な効果の高い成分を配合したもの等も発売されており、それだけに化粧品選びはより慎重になる必要があると言えるでしょう。

 

その点、私も使用して効果を実体験したsonoko ホワイトニングジェルなら本当に一押しです!化粧水・クリーム・美容液・乳液の4役をこなしてくれますので忙しい時間帯でも素早くお手入れができますので本当に助かっています(^^)/

 

エイジングケアで大事なポイント!30代・40代から始めましょう!

 

エイジングケアをする上では、栄養バランスのとれた食事や十分な良質な睡眠等、生活習慣全般を改善することが大切であることは言うまでもありませんが、ここではスキンケアにポイントを絞って、大事なポイントについて、お話していきたいと思います。

エイジングケア・・・紫外線対策について

紫外線は肌の老化に最も大きな影響を与えるものだと言われ、原因の80%に及ぶと言われています。それを実証する例として、米国あるベテランの男性トラック運転手の話があります。この男性は28年間トラックの運転をしながら、ガラスを通して顔の左側だけが直射日光に当たり続けていたため、顔の左側の肌だけが、極端に老化してしまったとのことです。この例は極端な例かもしれませんが、実際にこういうことも有り得るのです。紫外線には主に2種類あり、UVA波(紫外線A波)とUVB波(紫外線B波)とがあります。
まず紫外線A波は1年中一定量注ぐ紫外線で、生活紫外線とも呼ばれ、肌の真皮層まで届くと言われています。雲や窓ガラスも通す紫外線であって、肌に赤みや炎症が起きにくく、気がつくとシワやたるみができてしまうことが多いとされています。一方紫外線B波は春から夏がピークで、特に山や海でのレジャー時に注意を要することから、レジャー紫外線とも呼ばれています。日焼けやシミになりやすく、皮ふ癌を引き起こす可能性が高いとのことです。これらの紫外線対策には、ビタミンA・C・Eの各誘導体が抗酸化作用や、ナールスゲン等の紫外線から細胞を守る働きのある、エイジングケア向けのスキンケア化粧品で、ケアをすることをお勧めします。

エイジングケア・・・肌の保湿について

理想的な保湿のためには、まず洗顔をし過ぎないことが大切です。1日に何度も洗顔をしたり、1度の洗顔で時間をかけて何回もゴシゴシと洗ったり、濯ぎをしたりするのは肌の保湿には逆効果なのです。洗顔力の強すぎる洗顔料ですと、必要な皮脂や若い角質層も剥がしてしまいますし、化粧水をコットンにつけてパタパタ叩く、保湿クリームを力を入れて塗るのも全て禁物です。また化粧水とローションのみの、水溶性成分の多い化粧品のみの保湿は、使い過ぎますと逆に肌の水分を奪ってしまいますので、注意が必要です。
ですので化粧水をつけた後、すぐ保湿成分を含む美容液をつけ、次に油分の多い乳液と保湿クリームで、最後にしっかり保湿をすることが大切です。皮脂の成分に近いスクワランやコレステロール等の成分を含む、化粧品を使い過ぎないことも大切です。これらの化粧品は皮脂の役割を果たしますが、つけ過ぎてしまいますと、表皮常在菌のエサになってしまい、この菌を増やし過ぎてしまうことによって肌のバランスを崩し、肌の乾燥やニキビ、或いは毛穴のトラブルの原因になってしまうからです。

エイジングケア・・・洗顔について

肌の健康を保つためには、洗顔は1分〜2分で済ますことが大切です。決して顔をゴシゴシこすらず、洗顔料をよく泡立てて、その泡で優しく洗うようにするのがポイントです。泡立てネットを使い、洗顔料に適度に水を含ませて泡立てると良いでしょう。皮脂の多い額→鼻のTゾーン→頬やアゴ等のUゾーンの順番で、洗っていくのがベストです。洗顔後の濯ぎはぬるま湯で行い、多くても20回までとし、髪の生え際やアゴの下等泡が残りやすい部位は、特に念入りに濯ぐようにしましょう。また洗顔料は低刺激・無添加・植物性由来の成分中心の、肌に優しいものを使用するようにしましょう。

 
page top